パパ活相場まとめ!条件を良くする方法もお伝えします。

今回は、パパ活初心者のために、パパ活の条件や相場などについて、詳しく解説します。

記事の目次

パパ活をして若い女の子と遊びたいと考えている男性にとって、気になるのはパパ活っていくらぐらいかかるの?という点でしょう。

その相場を事前に把握しておけば、多額の値段を支払ってしまったなどという失敗をすることもないでしょう。また、パパ活の条件によって金額に違いが生じるのを覚えておくことも、パパ活において重要なことです。

今回は、パパ活初心者のために、パパ活の条件や相場などについて、詳しく解説します。

パパ活の条件、どんな内容?

パパ活の相場を知る前に、パパ活ではどのような内容なのか、その条件を把握する必要があります。

パパ活にはさまざまな条件があり、その内容によってパパ活のお手当(女の子に支払うパパ活代金)が異なるのが一般的です。また、お手当の支払い方法や会う回数なども、人によって違いが生じます。

女の子が希望する条件も人によって異なるので、自分に適した条件が合う相手を見つけなくてはいけません。では、パパ活の条件はどのような内容なのか、以下よりみてみましょう。

金額(お手当)

パパ活では、男性が相手の女の子に支払う料金を「お手当」といいます。お手当は初顔合わせのとき、関係が2回目以降の場合、お手当代が異なります。基本的には初顔合わせでは金額が少なく、2回目以降では金額がアップすることが多いです。

お手当の支払い方法

支払い方法は、女の子の口座への振り込み・手渡しなどがあり、支払うタイミングも会う前・会ったあと、パパ活当日などさまざまです。

しかし支払わない詐欺などもあり、基本的には一番初めに受け渡しするのが安心、安全ではあります。

パパ活の頻度

パパ活で会う頻度の種類は、大きく分けて不定期・契約の2タイプです。不定期は、お互いの都合が合った時・会いたい時にデートをして、その都度お手当を支払うパターンになります。

契約タイプは、月に1回まとまったお手当を支払い、月の決まった日に会うパターンです。確実に出会える方法は契約タイプですが、不定期に比べてまとまったお金をしなくてはいけません。

デート内容

デート内容は、お茶、食事などから、デートスポットで1日遊ぶ、泊まりがけの旅行などさまざまです。会う時間の長さやデート内容によってお手当の値段は変動します。

また、女の子によってはセックスがOKの子もいて、その場合はお手当の値段が他のデートよりも数段アップする仕組みです。本当の恋人のような濃厚なデートができるほど、それに比例して値段も上がると考えていいでしょう。

パパ活と援交を同じものだと勘違いしている人もいるかもしれませんが、パパ活は性行為がなくても成立するものです。しかし、お互いの合意があれば、そしてそれ相応のお手当を支払えばセックスありの大人の関係も実現します。

パパ活の相場、いくらぐらい?

パパ活のデート内容によってお手当の値段が変動することは先述しましたが、では、パパ活のお手当の相場はいくらくらいなのか、説明していきましょう。

初対面

パパ活における初対面は、お互いの顔合わせでもあり品定めの時間ともいえるでしょう。初顔合わせをする前に、お互い顔写真の交換やビデオ通話などをすることもありますが、リアルで会ってみないとお互いがどういう雰囲気の人なのかは判断できません。

この場合、もし、リアルで会って好みじゃない・雰囲気が合わない場合は、早々に切り上げるパターンになります。そういった事態も想定して、パパ活における初顔合わせは明るい時間に軽くお茶する程度で、早い時間で切り上げることが多いです。

もし、気が合ったとしても、今回は顔合わせだけで改めてデートしましょう、という流れになり、初顔合わせから長時間のデートにはならないでしょう。

短時間なので、お手当の値段も3,000〜1万円ほどが相場といわれています。

不定期(会うたびにお手当を支払う場合)

初顔合わせが終わってパパ活の関係が継続される場合、お手当の相場はデート内容によって異なります。それぞれの相場をみてみましょう。

・食事

5,000〜3万円

・デート

5,000〜2万円

・セックスありのデート

2万〜10万円

デートの場合は、デート時間や場所によって変動して、さらに女の子へのプレゼントがある場合はその別料金としてかかります。

セックスありの場合も相場は大きさが差があります。女の子側が高級志向の場合はそれに合わせてシチュエーションを用意する必要があり、お金がかかるでしょう。

月契約

月契約の場合は1ヶ月分のお手当をまとめて支払うので、その都度お手当を支払うパパ活に比べると、デート頻度や内容によって安上がりの場合もあれば、高額になる場合もあります。

決して安くはない、まとまったお金を一度に支払う必要があるので、収入に余裕のない男性は厳しいかもしれません。

月契約の相場はセックスなし・ありによって異なります。その違いは以下の通りです。

・セックスなしの月契約

10万〜30万円

・セックスありの月契約

20万〜50万円

月契約もセックス有以前に、月のデート回数やデート内容の質によって、値段に変動があります。

オプション料金

パパ活のお手当以外に、オプション料金というものも存在します。風俗における基本料金がお手当だとすると、デート以外の女の子にやってもいいサービスがオプションになるわけです。

オプションの内容とその相場は次の通りです。

・キス:1万円

・フェラ:2万円

・手コキ:1万円

・旅行:セックスありの場合1泊20万円、なしの場合1泊10万円

初顔合わせをする前の注意点

以上、パパ活で可能な条件や相場には幅があるので、お互いが初顔合わせをする前にしっかりと意思疎通を行うことが大事です。

では、パパ活で初対面をする前に押さえておきたいポイントを、次よりいくつか紹介しましょう。

支払い方法、デート内容の範囲をしっかりと確認する

パパ活の支払い方法は、振り込みや手渡し、デートの前後などさまざまです。この際、もしデート前に手渡しではない方法で支払いをする場合、お手当だけ受け取って行方をくらますという詐欺が起きる可能性もあります。

相手がデート前のお手当を希望する場合、なるべく対面当日か、後日振り込みに変更してもらいましょう。女の子がどうしてもデート前の支払いにこだわる場合はその理由を聞く、そして相手の個人情報がわかるものの提示をお願いすることが、詐欺防止において重要なことです。

またデート内容はどこまでOKなのかも、しっかりと確認しましょう。デート時間は何時までOKなのか、セックスやオプションもありなのかを確かめておかないと、当日になって話が違うとなってトラブルの原因になります。どこまでOKでいくらかかるのか、はっきりとさせておきましょう。

初顔合わせで車での送り迎え、個室利用は控える

パパ活の初顔合わせで、車での送迎・個室での食事はやめたほうがいいでしょう。女性にとって腕力の上回る男性と2人っきりのシチュエーションは、男性が思う以上に怖いものです。

何度となく会って完全な信頼関係ができていれば問題ないですが、初対面での車・個室利用は控えましょう。

男性で高収入の人のなかには自慢の高級車を自慢したい気持ちがあるでしょうが、密室で2人きりになってしまうので女性は嫌がるパターンが少なくないです。車での送迎・個室利用は初顔合わせが終了した2回目以降にしましょう。

まとめ

パパ活は最近になって誕生した新しいタイプの付き合い方なので、パパ活をこれからやってみようか検討している人にとっては未知の世界といえるでしょう。

パパ活を成功させてコンスタントに女の子と遊べるようにするためには、しっかりとパパ活の条件・相場を理解することです。今回のこの記事を読んで、今後の活動の参考にしてみてください。