話題のUber Eats(ウーバーイーツ)が気になる!配達パートナーになる方法も

2016年に日本でもサービス開始し、一躍話題となったデリバリーサービスのUber Eats(ウーバーイーツ)。

名前は良く聞くけど普通の出前と何が違うのか分からない。誰でも簡単に配達パートナーになれるって聞くけど実際はどうなんだろうと疑問に思うことも多いですよね。

今回はそんなUber Eats(ウーバーイーツ)初心者に向けて、仕組みや注文方法、配達パートナーのなり方や働き方まで徹底的に解説しています。

本記事を読めば料理の注文もすぐにできるし、今日から配達パートナーとして働くことができます。

気になるUber Eats(ウーバーイーツ)の魅力を簡潔に分かりやすくまとめているので、最後まで目を通して見てくださいね。

話題の宅配サービスUber Eats(ウーバーイーツ)とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、アメリカ発のデリバリーサービスです。

アプリで簡単に注文ができて家まで料理を届けてくれます。家にいながらにして手軽に外食気分を楽しめるサービスなのです。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)と言えば、セットで必ず話題になるのが「配達パートナー」ですよね。

この配達パートナーは登録さえすれば誰でもスキマ時間で稼げるので、昨今の副業ブームも相まってかなり注目を浴びています。

後半では配達パートナーのなり方を説明しているので、気になる方は目次より進んでみてくださいね。

まずは、気になるけど利用をためらっている人のために、注文する側の視点からUber Eats(ウーバーイーツ)の魅力を説明していきます。

 

出前より魅力的!Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するメリットとは?

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、従来の出前とは特徴が大きく異なります。

お店側だけでなく利用者にも多くのメリットがあるので、一つずつ詳しく見ていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するメリット①|いろんなお店の料理を食べられる

Uber Eats(ウーバーイーツ)と提携しているレストランやファストフード店であれば、どのお店の料理でも注文可能です。

自店の料理のみを提供する従来の出前と、大きく異なるポイントですね。

複数店から料理を届けてもらうこともできるので、友人や家族で食べたい料理が違っても、もめることはありません。むしろ、皆で複数料理をシェアすることもできるのです!

皆でわいわい団らんの時間を過ごすことができますよ。

複数店から注文する時は、配達時間がずれることに注意してくださいね。

 Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するメリット②|アプリで簡単注文

Uber Eats(ウーバーイーツ)はアプリから注文できます。

気になるお店を見つけたら、食べたい料理を選択して注文を確定。あとは届くのを待つだけです。

従来の出前のほとんどが電話注文ですが、混雑する時間帯はなかなか電話がつながらないこともありますよね。

何度も掛けなおしたり、電話口で個人情報のやり取りをしたりといった煩わしさも、Uber Eats(ウーバーイーツ)にはありません。

アプリで簡単に注文ができるのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するメリット➂|並ぶ必要がない

Uber Eats(ウーバーイーツ)は料理を届けてくれる配達サービスです。

なので、人気店の料理を並ばずに食べることができます。

小さなお子様連れだと人気店に行きづらかったり、友人とのランチでも悪天候だったりすると外出が億劫になりますよね。

そんな時でもUber Eats(ウーバーイーツ)は美味しい料理を届けてくれます。

人気店のあの味を、自宅でゆっくり味わえるのもUber Eats(ウーバーイーツ)ならではです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するメリット④|配達時間が分かる

注文が確定すると、アプリ内に「配達予定時間」と「最も遅い到着予定時間」が表示されます。

従来の出前では配達状況が分からず、食事の時間に間に合うかどうか心配になることも。ランチや夕飯時など、込み合う時間帯だと対応がかなり遅くなることもあります。従業員が一人抜けるとお店の回転率が悪くなるからです。お店を優先して出前を後回しすることが無いとは言い切れません。そう言った店側の理由で、想像していたよりも配達が遅くイライラしたという経験をした方もいるかもしれませんね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達時間を明確にしていることに加えて、配達パートナーの位置が地図上で確認できるので安心です。また、料理さえできていれば配達ができるので、出前を頼むよりも早く料理を届けてくれますよ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するメリット➄|クーポンでお得に料理を注文

Uber Eats(ウーバーイーツ)では定期的にクーポンを配信しています。

その中でも絶対に利用してほしいのが、初めてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する人しか使えない1,000円offクーポンです。

ファストフード店などで注文すればほぼ無料でランチを食べることができますよ。

こちらのサイトでも初回に利用できるクーポンを配布しているので、ぜひ使用してみてくださいね。

その他、「宅配料無料」や「ランチタイム30%off」など定期的にお得なクーポンが配信されています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するデメリットは?

メリットが多いUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、デメリットももちろんあります。

主なデメリットは3つ。

・手数料

・料理の料金設定が高め

・対応エリアが都会中心

それぞれ詳しく説明していきますね。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するデメリット①|手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)を注文するにあたって「配達手数料」、「サービス料」、「少量注文の手数料」が加算されます。

この内、「少量注文の手数料」は、一定の金額以上を注文すれば加算されません。

「配達手数料」と「サービス料」に関しては、ピーク時や配達パートナーの状況によって変動するので、タイミングを見て注文すれば安く済ませられることもありますよ。

    配達手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達手数料がかかります。

配達手数料は固定ではなく、お店からの配達距離や配達パートナーの稼働人数によって変動します。

詳細な金額は発表されていませんが、相場は200円~500円程度です。

お店との距離が近いほど配達手数料は安くなる傾向にあるようですね。

配達手数料は一見、デメリットに感じますが、従来の出前でも料理代金に上乗して請求されていることがほとんどです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)だから発生しているわけではないことを理解しておきましょう。

    サービス料

2019年10月16日からUber Eats(ウーバーイーツ)では新たにサービス料という手数料を追加しています。

このサービス料は商品の5~10%。一律ではなく、混雑時や配達パートナーの人数によって変動しているようです。

どのお店で注文をしてもかかってくる料金なので、配達手数料と同様に避けようのない手数料です。

➂少量注文の手数料

700円未満の少量の注文時には、150円の手数料が発生します。

700円以上の料理を注文すればかからないので、できるだけ700円以上を目安に注文すると良いですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)特徴として、1つから料理を注文できます。しかし、少量の注文だと割高になることがあるということを覚えておきましょう。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するデメリット②|設定料金が高い

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用する時に気になるのが料理の値段です。

ほとんどのお店が実店舗で提供する値段よりも割高に設定しています。設定金額はお店ごとに違いますが、平均的に1割から3割増し程度。例えば実店舗で、1,000円で提供されている料理がUber Eats(ウーバーイーツ)だと1,300円かかることになります。

 これはお店側に発生する「利用料」が主な理由です。お店側は注文に応じてUber Eats(ウーバーイーツ)利用料を支払っています。

実店舗の提供料金と同額に設定してしまうと、利益が減ってしまうもしくは赤字になるので、料理の設定料金をあげざるをえないのです。

しかし中にはマクドナルドやモスバーガーなど、大手のファストフード店を中心に1割増し程度の料金で注文できるお店もたくさんありますよ。

高いと感じる時は、クーポンを利用すれば割り増し料金分が相殺されることもあるので、クーポンを上手く活用してみてくださいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するデメリット➂|対象エリアが都会中心

Uber Eats(ウーバーイーツ)が対応している都道府県は現在、16県です。さらに各都道府県の中でも都会が中心です。

理由としては以下が挙げられます。

・配達パートナーの確保が難しい

・店舗から配達先までの距離が遠く、配達時間が長い

・同じ理由で、配達料が高くなりすぎる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は都会ならではのサービスと言えるかもしれませんね。

しかし、エリアは年々拡大しているので、今の居住地が対象外でも将来的に対象エリアに入ることも充分に考えられますよ。

※現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)が対応しているエリアは以下の通りです。(2020年4月24日時点)

都道府県 市町村
東京 23区、武蔵野、調布、三鷹、狛江、西東京、東久留米、小金井、府中、

八王子、町田、国分寺、立川、小平、東村山、日野、東大和、昭島、

羽村、福生、武蔵村山

大阪 大阪市全区、豊中、吹田、東大阪、八尾、堺、松原、藤井寺、高石
愛知(名古屋) 名古屋市15区(中区、中村区、西区、北区、中川区、東区、熱田区、

千種区、昭和区、瑞穂区、名東区、天白区、南区、港区、緑区)

福岡 福岡市6区(博多区、中央区、南区、城南区、早良区、西区)、春日、大野城、筑紫野、糟屋郡、久留米、北九州
京都 京都市8区(上京区、中京区、下京区、東山区、左京区、北区、右京区、

南区)

兵庫(神戸) 神戸市6区(中央区、兵庫区、灘区、長田区、須磨区、東灘区)、芦屋、

西宮、尼崎

神奈川(横浜) 横浜市8区(西区、南区、中区、保土ヶ谷区、神奈川区、港北区、磯子区、鶴見区)

川崎市4区(中原区、川崎区、幸区、高津区)

埼玉 さいたま市4区(大宮区、浦和区、中央区、南区)、戸田、蕨、川口、

和光、朝霞、志木、新座、草加、所沢、八潮、三郷、越谷、川越、ふじみ野、富士見

千葉 千葉市4区(美浜区、花見川区、稲生区、中央区)、市川、船橋、習志野、浦安(南部)
広島 広島市3区(中区、西区、南区)、福山
岡山 岡山
愛媛 松山
香川 高松
宮城 仙台
石川 金沢
富山 富山

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で人気のチェーン店を紹介

普段利用しているチェーン店もUber Eats(ウーバーイーツ)を利用できます。

その中でも人気のお店を5つピックアップしてみました!

Uber Eats(ウーバーイーツ)人気チェーン店①|マクドナルド

言わずと知れたハンバーガー店ですね。利用経験がない人の方が珍しいのではないでしょうか。

大手ハンバーガーチェーン店の「マクドナルド」はUber Eats(ウーバーイーツ)対応店であり、利用者の中でも人気が高いお店です。ドリンクやサイドメニューも豊富で、一人でも大人数でも楽しめます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)人気チェーン店②|ケンタッキー

美味しいチキンが手ごろな値段で食べられる「ケンタッキー」も人気があります。

ケンタッキーもマクドナルドと同じでドリンク、サイドメニューが豊富で大人数に需要があります。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)限定のセットメニューもあります。セット内容は、オリジナルチキン3パック+ポテトSサイズ+ビスケット1個+ナゲット5個。ケンタッキーの人気商品を一度に楽しめますよ。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)人気チェーン店➂|吉野家

がっつりお肉が食べたい人には「吉野家」がおすすめ。

牛丼以外にも豊富などんぶりメニューが揃っています。ご飯はあるけど、おかずを作る気力がない!おかずの材料がない!時は牛皿やサイドメニューを注文すればたちまちごちそうになりますよ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)人気チェーン店④|大戸屋

今日はあっさり和食が食べたい!という人には「大戸屋」です。

大戸屋はお弁当メニューを展開しており、ご飯、メイン、副菜とバランスの良い食事がとれます。健康が気になるけど、お店の料理が食べたい方におすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)人気チェーン店➄|ピザハット

ピザ屋と言えばデリバリーのイメージがありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)でも注文ができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は指定すればどこでも受け取り可能。お花見の公園で、持ち込みOKのBBQ会場で、いろんな場所でピザが楽しめます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でいざ注文!その前に会員登録をしよう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文をする前に、アプリをダウンロードして個人情報の登録をする必要があります。

配達やお金のやり取りに必須な情報なので、間違えないように気を付けましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録手順①|アプリをダウンロード・起動

アプリをダウンロードしたら起動します。パソコンでも注文可能です。パソコンの場合は公式HPより注文を行ってくださいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録手順②|電話番号で認証

配達中に問題が起きた場合に、配達パートナーと直接やり取りをすることがあるため、電話番号は必ず入力しなければいけません。

電話番号登録後に送られてきた4桁のコードを指定の場所に入力してください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録手順➂|メールアドレスとパスワードを入力

メールアドレスとパスワードを入力します。

メールアドレスにはクーポンの通知が届きます。どのメールアドレスでも良いですが、お得な情報を見逃さないためにも、良く使うメールアドレスの登録をおすすめします。

また、パスワードはログイン時に必要なので、忘れないものにしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録手順④|名前の入力、利用規約に同意

名前を入力したら、利用規約と個人情報保護方針に同意します。「次へ」をタップすると同意したことになるので、先に目を通しておきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録手順➄|カード情報を入力

最後はクレジットカードもしくはデビットカード情報の入力です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はカードでの先払いが基本です。一部エリアでは現金に対応していますが、それでもカード情報の入力は必要になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録手順⑥|配達先の登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文する前に、プロフィールから配達先を登録する必要があります。

賃貸の場合は、「建物名」「階数」「部屋番号」の登録漏れがないように注意してください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、住所間違いや指定場所に来たけど注文者が出ないなどのトラブルが起きた時には、配達パートナーから直接連絡が来ます。そして「配達トラブル時に10分以内に注文者と連絡が取れない場合、料理は破棄」というルールがあります。料理が破棄になってもお金は戻ってきません。

料理は来ないのにお金だけ払ったという状況にならないためにも、住所に間違いや番地、部屋番号の登録漏れがないように気を付けましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録手順➆|配達メモの追加

配達オプションにある「配達メモを追加する」はあらかじめ設定しておくと安心です。記入内容は「住所」「建物名」「階数」「部屋番号」「配達パートナーへのメッセージ」

 

住所登録をしたのになぜ?と思われるかもしれませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達パートナー専用アプリにエラーが発生することがあります。配達メモはエラー時でも確認できるようになっているので、住所を記載しておくと配達先が分からないという事態を避けられます。

最後の「配達パートナーへのメッセージ」については、配達ルートや受け渡しの際の指示を記載してください。例えば自宅がオートロックマンションだった場合やホテルに滞在している時などに、「部屋番号を押して玄関先まで届けてほしい」といった感じです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録手順➆|クーポンの登録

先ほども説明しましたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)にはクーポンがあります。

手数料や料理料金の割り増しで総額が高くなりがちですが、積極的にクーポンを利用すればかなりお得に利用できます。

特に、1,000円offになる初回限定クーポンは利用しなければ損です。この初回限定クーポンを使うには事前登録が必要なので、登録方法を説明しますね。

メイン画面右下の人型マークを選択して、アカウントページの「プロモーション」をタップします。次に右上の「プロモーションコードを追加」をタップして、コードを入力。割引情報が表示されたら、完了です。簡単ですね。

どのクーポンにも期限があります。

期限内に使い切らないと失効してしまうので、クーポンが配信された時は早めに利用しましょう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文方法

注文方法も3ステップでとても簡単。登録が済めばすぐにでも注文できますよ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文方法①|お店と料理を選ぶ

注文したいレストランのサムネイル情報をタップして、レストランの詳細ページから食べたい料理を選びます。

近くのお店を検索したい場合は、アプリの位置情報をオンにしておきましょう。周辺のレストランを自動でピックアップしてくれますよ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文方法①|クーポンを選択

注文画面下部に「プロモーションが適用されていません」という部分があります。そこをタップしてクーポンの選択をしてください。

注文画面に戻るとクーポンが適用されます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文方法①|注文を確定

あとは商品が届くのを待つだけです。

先ほども言いましたが、待っている間は連絡が取れる状態にしておいてくださいね。配達パートナーが連絡してから10分以内にコンタクトが取れないと料理は破棄されてしまいますよ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文方法①|※注意点

この時忘れがちなのが、カトラリー類です。

自宅にいる場合や外出先にお箸を携帯している人であれば問題ありませんが、ホテルや外出先に届けてもらう時にはカトラリー類の表示をONしてください。

カトラリー類は希望性なので、手元にない場合は料理と一緒に届けてもらいましょう。

 料理を受け取ったら配達パートナーとレストランを評価しよう!

料理を受け取ったらスマホの画面が配達パートナーの評価に切り替わります。配達員の態度、印象などを思い出して評価を入力します。

そして、料理を食べ終わったらレストランの評価も忘れずに行ってください。美味しかったかどうか、梱包の仕方などレストラン側のモチベーションに繋がるので、ぜひ評価を入力してくださいね。

料理を運ぶ配達パートナーってどんな人?どうやったらなれるの?

ここからは配達パートナーの仕事の流れや、なり方について説明していきます。

配達パートナーは料理を「運ぶ」ことで報酬を得ています。

普通のバイトの時給制と違い、時間に自由が利くこと、仕事をすればするだけ報酬が貰える「成果型報酬制度」なことが配達パートナーの大きな魅力です。

 

副業やアルバイトとしても人気が高い配達パートナーの仕事とは、いったいどういう流れで行うのか見ていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事の流れ

配達パートナーはどのように仕事をしているのか、仕事始めから終わりまでを見てみましょう。

 

配達パートナーの仕事の流れ①|配達エリアに行く

全国16都道府県の対象エリアに指定されている地域へ行きます。時間はもちろん自由です。

対象エリアにいるのであれば、いつでも仕事を始められます。例えば待ち合わせの待ち時間を利用して働くことも可能。自由度が高いことがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働く一番の魅力です。

配達パートナーの仕事の流れ②|アプリを起動

配達パートナー専用のアプリを起動後、しばらくすると配達依頼通知が入ります。お店の場所が表示されるので、この依頼を受けるかどうかを決めます。

配達依頼はAIマッチングにより、店舗に近い配達員に依頼がいくようになっています。しかし、その時稼働している配達パートナーの状況によっては、お店から遠い位置にいるあなたに依頼が来ることもあります。

この配達依頼は絶対ではありません。断ることもできるので、あなたの状況によって判断してください。

配達パートナーの仕事の流れ➂|料理を受け取る

配達依頼を受けると決めたら、お店へ料理を受け取りに行きます。

店員さんと配達番号を紹介して、問題なければ料理を受け取り配達先へ向かいます。

お店とのやり取りは30秒ほどで終わりますので、ややこしいやり取りはありません。

配達パートナーの仕事の流れ④|指定の配達先へ料理を運ぶ

受け取った料理を指定された住所へ届けます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は距離に応じて報酬が増える制度です。配達先までの距離が遠くてもそれに応じた報酬が支払われますので、損をするということはありません。

 

無事に料理を届けたら配達終了。

基本的に仕事中は、この4つのステップの繰り返しです。

配達パートナーの仕事の流れ➄|仕事をやめる時はオフラインに

アプリをオフラインにすれば配達依頼が届くことはありません。アプリをオフラインにすれば仕事を終了することもできるし、再度起動すれば仕事を再開することもできます。

疲れてきたり待ち合わせの時間が迫ってきたり、どんな理由でも仕事を切り上げることができます。

配達パートナーのスケジュールに合わせて自由に働くことができるのが魅力の一つですね。

気になる配達パートナーの報酬はいくらなの?

先に紹介したように配達パートナーに時給は存在しません。

その料金体制は配達距離に応じたものです。システムが少し複雑なので、分かりやすく解説します。

配達パートナーの報酬の仕組み

 配達パートナーの報酬は基本料金、サービス手数料、追加報酬(インセンティブ)の3つで構成されています。

一つずつ見ていきましょう。

配達パートナーの報酬①|基本料金

基本料金は以下の3つの報酬を合算したものです。

金額 備考
受け取り料金 265円 お店で受け取ると発生する報酬。受け取り1店舗につき265円。1店舗から複数個所への配達を依頼された場合でも受け取り料金は265円。
受け渡し料金 125円 配達先に料理を届けた時に発生する報酬。
距離に応じた報酬 60円/km お店から配達先までの距離に応じて発生する報酬。複数個所への配達依頼があった場合は、その合計距離で計算。

 

受け取り料+受け渡し料+距離に応じた報酬=基本料金です。

受け取り料金や受け渡し料金は地域によって変動があるので、働く前にご自分の地域はどのくらいなのかを確認してみてくださいね。

【例】A店から3km先まで配達依頼が来た場合

基本料金は以下のようになります。

265円+125円+(60円×3km)=570円

普通の自転車の平均時速が約10km/hなので、3kmであれば20分以内で到着します。時給換算すると1時間で1,710円です。かなり割の良い仕事だと言えるでしょう。

配達パートナーの報酬②|サービス手数料

基本料金からサービス手数料として10%が引かれます。

【例】A店から距離1kmの場所への配達。配達先は1か所です。

まずは基本料金を算出します。

受け取り料金265円+受け渡し料金125円+距離に応じた報酬60円(1km)なので、基本料金は450円です。

サービス手数料はこの基本料金にかかります。

基本料金450円×0.1(10%)=45円

この場合のサービス手数料は45円ということですね。

サービス手数料は、各都市によっての割合が違います。自分が稼いだ報酬からどのくらいの手数料が引かれるのか、事前に確認しておきましょう。

配達パートナーの報酬➂|インセンティブ(追加報酬)

Uber Eats(ウーバーイーツ)には条件が合えば追加報酬が発生します。もらえる割合は各都市や配達パートナーごとに変わります。

インセンティブの種類は3つです。

    ブースト

お昼時や夕方など、注文が込み合う時間や場所において発生するインセンティブのこと。基本料金が1.1から1.5の倍率で倍増する仕組みです。

ブースト増額分からは、サービス手数料は引かれません。

【例】

基本料金:450円

サービス手数料:10%

ブースト:1.5倍

【計算式】

上の例を、以下の計算式に当てはめます。

基本料金-サービス手数料+ブースト増加分=報酬額

450円-45円+225円=630円

ブースト適用の間は報酬を大幅アップさせるチャンスです。込み合う時間帯を狙って仕事をすれば、もらえる報酬も大きく伸ばすことができます。

    クエスト

クエストとは特定期間内に一定回数の配達を完了させるともらえるインセンティブです。配達回数をこなすほどにインセンティブが増えるので、ぜひ達成したいシステムです。

【例】

11:30~14:00の間に以下の回数を配達した人にはインセンティブをプレゼント!

5回配達:500円

10回配達:1,200円

15回配達:1,900円

※この例の場合、15回達成時にもらえる金額は1,900円です。15回配達すればすべての金額を合算して3,600円が支給されるわけではありません。10回でも同様です。

クエストでもらえる追加報酬は最大で13,000円です。無限にもらえる訳ではないということを覚えておきましょう。

 

また、クエスト発生は不定期です。たいていは「雨の日」や「休日」など、配達パートナーの人数が少ないと良そうされる時に多いようですね。

➂期間限定の追加報酬

ブーストやクエストの他に期間限定で追加報酬キャンペーンを行うこともあります。

過去の例としてはこんな感じです。

例1)30回配達達成で2万円の追加報酬

例2)繁忙期(昼・夜)にたくさん配達すればもらえる回数インセンティブ

例3)抽選で1万~10万円があたるくじ引きインセンティブ

 

何となくゲーム要素があって楽しそうですね。

バイトより良い?!配達パートナーとして働くメリット6つ

時間も自由で、対象エリアであればどこでも働ける配達パートナー。

働く上でのさらなる魅力を6つ紹介します。

配達パートナーのメリット①|時間や場所が自由

働く場所・時間を自分の好きに決められることが、配達パートナーとして働く最大のメリットではないでしょうか。

アルバイトのようにシフトがないので、自分の予定に合わせて柔軟に働く時間を変えることができます。

また、指定エリアであればどこでも仕事ができるので、スキマ時間を利用しやすいのも嬉しいポイント。アルバイトで長時間拘束されるのが嫌な人や会社終わりに短時間の副業をしたい方にピッタリです。

配達パートナーのメリット②|人間関係で悩まない

配達パートナーの仕事は一人で行います。コミュニケーションを取らなければいけないのは基本的に料理の受け渡しの時のみ。

また、配達パートナーはUber Eats(ウーバーイーツ)と雇用契約を結ぶわけではありません。上司や同僚、後輩に気を遣う必要がなく、人間関係に悩むことがないので仕事に集中できます。

配達パートナーのメリット➂|働きながら運動できる

配達パートナーは自転車かバイクか、配達方法を選べます。現状としては80%の配達パートナーが自転車を利用して仕事をしています。

自転車の場合、極端な例ですが、1日に70km以上走行する方もいるようです。これはかなり移動している人の例ですね。普通の人であれば5~10km当たりが平均ではないでしょうか。それでもかなりの運動量になると思います。

 配達方法にバイクを選択しても、マンションの階段を上り下りすることが多いので、運動になりますよ。

配達パートナーのメリット④|女性でも働きやすい

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は「配達」です。

運ぶものも料理なので、力がいるわけではなく体力の差はあれ男性が有利とか、女性が有利と言った優劣は存在しません。

電動自転車を利用すれば、体力がない女性でも楽に漕いで行けますよ。

 配達パートナーのメリット➄|空き時間は何をしても大丈夫

アプリを起動してから、配達依頼が来るまでの時間は自由時間です。何をしても怒る人はいません。

ただ、「配達」中は、条例・法律で禁止されていることをしないように注意しておきましょう。自転車走行中のイヤホンの装着やスマートフォンの操作は法律で禁止されています。各都道府県の条例によりますが、バイク運転中も大音量で音楽を聴くことは避けた方が良いでしょう。

条例や法律、交通ルールを守った上で、楽しく働きましょう。

配達パートナーのメリット⑥|報酬は週払い

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は週払いです。前週に働いた分の合計報酬額が、翌週に支払われます。

毎週、振り込まれるので「金欠でヤバイ!」となった場合でも、1週間待てば大丈夫です。この点も普通のバイトと比べるとメリットに感じる人が多いようですね。

振込日は配達パートナーによってまちまちなようですが、おおむね火曜から木曜の間と言ったところ。祝日や振込先銀行との兼ね合いが影響しているようです。

また、報酬振り込みは海外からの送金になります。振込があると登録している銀行より「送金があった」という書類が届くのではじめはびっくりするかもしれませんが、すぐに慣れますよ。

3つある!Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになるデメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが普通のバイトよりもメリットが多いということは事実ですが、デメリットもあります。

ここでは代表的な3つを紹介しますね。

配達パートナーのデメリット①|エリアによっては待ち時間が長い

配達依頼がくるまでの待ち時間が長いこともあります。特に新しくサービスが開始されたエリアや、ピーク時以外はあまり注文がないエリアなどです。

待機時間が長いと効率良く稼ぐことができません。

そんな時は仕事エリアを変えるという方法もあります。注文の多いエリアの人気店近くで待機しておくと、配達依頼が届きやすいですよ。

配達パートナーのデメリット②|遠方の届け先を依頼されることも

たまに遠くのエリアへの配達を指定されることもあります。配達先はお店で料理を受け取るまで分からず、いつも近場とは限らないのです。

 遠いと言っても「20km先」のように配達不可能な距離を依頼されることはまずありません。さらに距離に応じて60円/kmの報酬が発生するので損もしませんよ。

ただし時間管理はしっかりしておかないと、待ち合わせに遅れたり、次の予定に間に合わなかったりすることも。お店に行った時点で断ることはできないので、時間に余裕を持って仕事に挑みましょう。

配達パートナーのデメリット➂|こぼれたりくずれたりに注意

Uber Eats(ウーバーイーツ)では様々な料理を運びます。中にはラーメンやジュース、スープなどの液体が入っている料理もあるので、配達の時は細心の注意が必要です。

あまりにも形が崩れていたり、スープが大量にこぼれていたりするとクレームの原因になります。お店側もラップや専用の容器を用意するなど対策をしているので、よほどのことが無い限り問題はありませんが、リスクは最小限にとどめたいもの。

液体系の料理を運ぶ際は細心の注意を払って、丁寧な配達を心掛けましょう。

面接不要で登録完了!配達パートナーになろう!

 配達パートナーは登録制です。面接もなく、希望すれば誰でも配達パートナーになることができます。

配達パートナーになるための流れはこんな感じです。

    公式HPで事前登録

    パートナーセンターでの説明会

 

まず、①の公式HPで事前登録ですることは以下の3つです。

・アカウントを作成

・配達車両を選択

・本人確認書類を登録

本人確認書類は写真付きであることが求められるので、運転免許証やパスポートなどを用意しましょう。学生に限り、指定の書類がない場合には、学生証+保険証でも認められています。

この3つの登録を済ませれば事前登録の完了です。

 

次に、②のパートナーセンターでの説明会ですが、お近くのパートナーセンターで45分ほどの説明を受けます。説明会を受けた後は、その日から仕事を開始できますよ。

可能であれば、説明会を受けたその日に1件でも良いので配達を行ってみましょう。説明会で習ったアプリの使い方や仕事の流れを、身をもって体験することで配達パートナーの仕事がどんなものかを実感することができますよ。

まとめ:頼んで便利!稼いで楽しい!Uber Eats(ウーバーイーツ)を体験してみよう!

忙しい現代人に嬉しい料理配達サービスのUber Eats(ウーバーイーツ)。

従来の配達と違い、お店にも注文者にも配達パートナーにも嬉しい仕組みであることを理解していただけたかと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用をためらっていた人は、ぜひ1度だけでも良いので利用してみてください。初めての方限定で1,000円offになる初回限定クーポンが使えます。ランチで使えば、料理代はほぼ無料。好きな場所で美味しい食事を楽しめますよ。

空いた時間を使ってお小遣い稼ぎをしたい人は、配達パートナーの登録をしてくださいね。好きな時間に働けて、頑張れば普通のアルバイトより稼げるうえに運動もできます。時間がないけど稼ぎたいという人にピッタリです。

 

まずは試しに1回注文してみると、その便利さが分かりますよ。ぜひ初回限定の1,000円offクーポンを利用してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です