東京藝術大学COI拠点は、ヤマハの技術協力によるコンサート「音舞の調べ~超越する時間と空間」を5月19日に開催した。

 演奏会では、20世紀の巨匠「リヒテル」の演奏をヤマハ研究開発部がAI(人工知能演奏システム)で再現。曲目はF.シューベルト ピアノ五重奏曲《鱒》イ長調 D667より 第4, 5楽章。人工知能演奏システムは、世界的名演奏家集団「ベルリンフィル・シャルーンアンサンブル」の演奏に合わせてその演奏を柔軟に変化させ、息のあったアンサンブルを披露した。

「音舞の調べ」- AIと人との新たなコラボレーション
「音舞おとまいの調べ~超越する時間と空間~」技術協力レポート