ヤマハは、自然応答技術『HEARTalk』を発表した。

 HEARTalk(ハートーク)は、人間の声の強弱、長短、高低、間、抑揚などからなる「韻律」をリアルタイムに解析し、応答に適した自然な「韻律」を導出することができる新技術。これにより、機械やロボットの応答音声に「心」が感じられるようになる。
 併せて、HEARTalk技術の一部を利用したソフトウェアとハードウェアのライセンス提供も開始された。提供されるのはHEARTalkを「相槌」に特化させたもの。人間の問いかけ音声の入力に合わせて、自然な「韻律」で“うん”“はい”といった音声を返す。

自然応答技術『HEARTalk』