国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)情報技術研究部門の後藤真孝首席研究員、メディアインタラクション研究グループの加藤淳研究員、中野倫靖主任研究員らは、歌詞アニメーション制作支援サービス「TextAlive」を開発、一般公開し、実証実験を開始する。

 TextAlive(テキストアライブ)は、産総研独自の音楽理解技術と新開発したプログラミング環境技術の融合によるもので、ユーザーは楽曲を選び、動画の「スタイル」を指定することで、音楽理解技術であらかじめ解析された発声タイミングやサビ情報などを利用して、様々な演出の歌詞アニメーションをすぐに制作できる。ユーザー自身もテンプレートやその編集用インタフェースをTextAliveの画面上でプログラミングし、他のユーザーと共有することもできる。

TextAlive