VOCALODUCER
 ヤマハは、VOCALOIDの歌声と伴奏からなる楽曲を自動的に生成する技術『VOCALODUCER』を開発した。
 VOCALODUCER(ボカロデューサー)は、50文字以内の歌詞を作って、曲調や歌い方などをあらかじめ用意された選択肢から指定するだけで、ボカロ曲も簡単に生成することが可能。メロディラインの生成には、J-POPの作曲ノウハウをアルゴリズム化したヤマハ独自の技術が使用されている。
 本サービスは、今冬よりコンテンツプロバイダーに向けて、SaaS※で提供される。※SaaS(Software as a Service):ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みや事業形態。また、英語、中国語などへの対応も行なう予定。