Date: 01/05
 サイバーステップ(株)は、デジタルオーディオワークステーション「KDJ-ONE」を発表した。1月中旬より日本国内にて予約を開始し、8月に発売される予定。
 KDJ-ONEは、最先端のスマートブックテクノロジーを楽器に搭載したモバイルDAW。CDケースサイズの筐体にフルスペックのシンセサイザー、シーケンサー、オーディオトラックを備え、リチウムバッテリーと無線LAN、内蔵スピーカーにより完全にワイヤレスな音楽制作環境を実現する。Windows XP以降、Mac OS X 10.5以降のVST、AU対応。主な特徴→マルチタッチパネルと各種キーパッド、ジョグダイヤルによる直感的な操作性/OSにIntel MeeGo Handset editionを採用し、ウェブブラウザやSkype、メディアプレイヤーなど、MeeGoの持つ便利な機能がそのまま利用できる/10シンセシスアルゴリズム、20エフェクター、7フィルター、4機のモジュレーターを備えるKDJ2音源/ステップモジュレーター/ACIDフォーマットに対応したオーディオトラック/6トラック、モーションシーケンス対応の高機能パターンシーケンサー/2つのパターンをDJミックスするように組み立る新感覚ソングモード/無線LANでVST音源として接続可能/鳴らした音が振動として直接指先に伝わるQWバイブレーションシステム。

⇒ 製品情報
Date: 12/28
 国内では(株)エムアイセブンジャパンが扱う、次世代のオーディオ・エンジンを採用したPreSonusのDAW「Studio One」がついに日本語に対応する。アップデータ(バージョン1.6.2)は、「Studio One Pro」「Studio One Artist」のユーザーへ無償ダウンロードにて提供される。なお、Studio One ProおよびStudio One Artist単体の発売は2011年1月下旬を予定。価格→Studio One Pro:OP(想定価格39,800円前後)、Studio One Artist:OP(想定価格19,800円前後)。

⇒ 製品情報
Date: 12/22
 (株)イーフロンティアは、自動作曲ソフトの最新版「」を2011年1月21日に発売する。価格13,440円。より多くのデモソングや音楽スタイルを収録した「MegaPAK(価格26,040円)」「EverythingPAK(価格49,800円)」や、コードブック付き商品も同時発売。Mac OS X 10.4以降、Intel CPU対応。
 今回のBand-in-a-Box 18 Macでは、コードの入力→音楽スタイルの選択→演奏という3ステップで行なえる自動作曲はそのままに次の新機能を追加している。●オーディオ素材「リアルトラック」「リアルドラム」の追加●プラグイン機能●トラックフリーズ●リアルトラック生成の高速化●ウィンドウのサイズ変更●伴奏トラックを編集・保存など。

⇒ 製品情報
Date: 12/10
 PowerFXは、WEBベースの音楽制作ツール「Soundation Studio」に、ホリデーシーズンに最適な素材「X-Mass/Nu Year Sound Pack」を追加した。
 X-Mass/Nu Year Sound Packは、クリスマスや新年にまつわる効果音やVocaloidが歌ったフレーズ、サウンドエフェクトなどを収録した素材集。Soundation Studioから無料で使用することができる。
 また、同社では、これらの素材を使った楽曲コンテスト「Holiday Competition」の開催も発表。入賞者には、Vocaloids 「Big Al」「Sweet Ann」などがプレゼントされるほか、Soundation Studioのプレミアムアカウントが贈呈される。

⇒ Holiday Competition
⇒ Soundation Studio(WEBアプリ)
Date: 12/10
 (株)インターネットは、音楽作成ソフト「Singer Song Writer 9 Professional クロスアップグレード版」を発売した。クロスアップグレード版は、後述のソフトウェアのユーザーを対象に、Singer Song Writer 9 Professionalを特別価格で手に入れることができるもの(数量限定)。価格OP(想定価格52,000円)。対象ソフト→XG WORKS、SOL、Cubase(LE、AI除く)、Sequel、SONAR(LE除く)、Music Creator、ACID、Live、Pro Tools、FL Studio、Music Maker、Reason、Record、バンドプロデューサー、各社VOCALOID。

⇒ 製品情報(機能・仕様は通常版と同じ)
Date: 11/02
 ローランド(株)は、音楽制作ソフト「SONAR」のラインアップを一新、「SONAR X1」シリーズを12月下旬に発売する。
 SONAR X1(ソナーエックスワン)は、プロ仕様の「PRODUCER」、プラグインのエフェクトやシンセサイザーの充実した中級モデル「STUDIO」、入門者におすすめの「ESSENTIAL」の3機種がラインアップされる。ワークフローを根本から見直した新しいユーザーインターフェースを採用し、操作性が大幅に向上。その他、ドラッグ&ドロップでプラグインとループ素材が使用できる新設計ブラウザや、ビュー設定の変更/保存ができる「MultiDock 」機能、プラグインエフェクトをひとつにまとめる「FX Chain」機能、アナログモデリングによる新開発の「ProChannel」(PRODUCERのみ)を新たに搭載している。価格はいずれもオープンプライス。
⇒ 製品情報

 なお「SONAR X1」は、ローランド(株)が行なうユーザーイベント「SONARプレミアムデイ2010」で国内初公開され、イベントでは「SONAR X1」を使ったレコーディングやミキシングのデモンストレーションやセミナーなどが行なわれる予定。開催概要→日時:11月14日12:30~17:30、場所:ベルサール秋葉原、プログラム:SONAR X1 New Feature Preview / A-Series with SONAR X1シンセサイザー・ワークショップ / OCTA-CAPUTURE+SONAR X1ドラム・レコーディング指南 / V-STUDIO 700 with SONAR X1サラウンド・セミナー / SONAR X1リミックス・マスター講座など。
⇒ イベント情報
Date: 11/01
 (株)イーフロンティアは、楽譜作成ソフト「Finale」の新バージョン「Finale2011」を11月26日に発売する。
 Finaleは、ピアノからオーケストラ、タブ、パーカッション、和楽器や現代音楽まで、あらゆる楽器に対応する楽譜作成ソフト。今回のバージョンでは、レイアウトの操作性が大幅に向上し、歌詞やコードネームの機能改善や新しい3種のフォントが追加などが行なわれている。新機能→“組段の最適化”が不要に/五線の並び替えが容易に/歌詞の入力機能がアップグレード/カポコードの自動配置/Garritan InstrumentsとAria Playerによる高品位なプレイバック/パーカッションの入力機能向上/3つの新しい補助フォントが付属。
 Windows 7/Vista/XP(64bit互換あり)、Mac OS X 10.5/10.6対応。価格はOPで市場予想価格は次の通り。Finale 2011:63,000円、解説本付き:65,000円、アカデミック:50,400円、アカデミック解説本付き:52,500円、5ライセンスパック:115,500円、マルチライセンス10-29本:19,950円(1本あたり)、マルチライセンス30本以上17,850円(1本あたり)。

⇒ 製品情報
Date: 10/21
 アップルジャパン(株)は、音楽制作ソフト「GarageBand '11」を含むアプリケーションスイートの新バージョン「iLife '11」を発売した。GarageBandの他、写真管理ソフト「iPhoto」、ムービー編集ソフト「iMovie」をバンドルする。
 GarageBandは、ループ素材や内蔵のソフトシンセを使って作曲を行なう初心者にも最適なDAW。GarageBand '11では、録音内容のタイミングを修正・変更できる2つの新機能を搭載。Flex Timeは、変更を加えたい部分のみ、音を移動したり、長さを伸ばしたり縮めたりすることができる波形編集機能。Groove Matchingは、任意のトラックに他のトラックのテンポを同期させる機能。
 その他、ギターアンプが7種類、エフェクターが5種類、ピアノとギターの基本レッスン22種類が追加されている。
 iLife '11は新規購入のMac全モデルに同梱されている。既存ユーザーには有償のアップグレードパッケージが用意される。Mac OS X v10.6.3以降対応。メーカー希望小売価格→iLife'11:4,800円、iLife '11ファミリーパック(Mac5台分のライセンス):7,800円、Mac Box Set(iLife '11、iWork、Mac OS X v10.6 Snow Leopard):12,800円。

⇒ GarageBand '11
⇒ iLife '11
Date: 10/20
 ヤマハ(株)は、Steinbergと共同開発したオーディオインターフェース「MR816X」に、音楽制作ソフト「Cubase Studio 5」を組み合わせた特別パッケージ「Cubase Creator Pack」を11月1日に発売する。
 Cubase Studio 5は、フラッグシップのCubase 5を基に、ピッチ修正プラグイン「Pitch Correct」、ドラムサンプラー「Groove Agent ONE」、アーティキュレーション機能「VST Expression」など、作曲、レコーディング、ミックス機能を厳選装備した、Cubaseシリーズのミッドレンジグレード。
 MR816 Xは、高音質アナログ回路、ニアゼロレーテンシーモニタリング環境、ボタン一つでルーティング設定できる「Quick Connect」など、上位モデル「MR816 CSX」と共通のスペックに、モニター音にかけるだけでなくVST3プラグインとしても使用できるDSPエフェクトリバーブ「REV-X」を搭載している。

⇒ 製品情報
Date: 09/28

 mikrosonicは、Android向けの音楽制作アプリ「RD3-Groovebox」をリリースした。RD3-Grooveboxは、Grooveboxの名器303ライクなバーチャルアナログシンセとドラムマシンを搭載したステップシーケンサー。BasslineとBeatsタブで音作りと打ち込みを行ない、Mixerタブでミックスと演奏を楽しむことができる。Android OS2.1以上対応。価格3.49ユーロ。デモ版あり。

⇒ 製品情報
Date: 09/24
 (株)インターネットは、音楽作成ソフト「MIXTURE Basic」を本日より販売開始し、あわせてダウンロード版の取り扱いを開始した。価格は、ダウンロード版5,775円、パッケージ版OP(店頭予想価格6,825円)となっており、商品仕様に違いはない。⇒ 関連記事…「MIXTURE」がさらにリーズナブルに「MIXTURE Basic」

⇒ shop.ssw.jp(ダウンロード版販売サイト)
⇒ 製品情報
Date: 09/01
 Uloops labsは、本格作曲アプリ「Uloops Music Composer」をAndroidマーケットにて公開した。
 Uloops Music Composerは、ドラムやシンセごとに音色を選び、タッチパネルで打ち込むだけで、本格的な作曲を楽しむことができるループベースのステップシーケンサー。LFO、VCD Cutoff、VCF Resといったパラメータを調整することで音を作り込むことも可能。また、本アプリにはコミュニティ機能も搭載されており、プロフィールを設定してオリジナル曲を公開したり、ループはインポート/エクスポートすることで共有することができる。価格は無料。※レビューにはXPERIA(Android 1.6)を使用。
→ 製品情報

姉妹サイト「APPREVIEW」にてビバオール斎藤先生による解説記事を公開中!
→ 本格的なダンスミュージック系DAWアプリ「Uloops Studio Pro」

ページ移動新しい記事へ 1,2, ... ,16,17,18 古い記事へ Page 17 of 18

DTMマガジンYouTubeチャンネル