ヤマハ(株)は、Steinbergのオーディオ編集&マスタリングソフト「WaveLab 7」と、基本性能に絞り高いコストパフォーマンスを実現した「WaveLab Elements 7」を11月10日に発売する。
 WaveLab 7は、ワークフローの効率化を図るために編集ウィンドウを一新し、Sonnox社のノイズ除去プラグイン(DeNoiser、DeClicker、DeBuzzer)を搭載。マスタリング面では、CubaseやNuendoに搭載されているEQ、コンプレッサー、リバーブなど多数のVST3プラグインエフェクトが付属。その他、CD/DVDライティングにGEAR Software製エンジンの採用や、ポッドキャストへの対応が行なわれている。
 さらに、フラッグシップのWaveLab 7に関しては、マルチコアCPUをフル活用するバッチ処理や、CD/DVDプレス工場への納品形態として主流となっているDDP(Disc Description Protocol)ファイルの書き出し/読み込みが可能となっている。
 Mac OS X 10.6、Windows 7対応。価格→WaveLab 7:OP(市場予想価格:59,800円)、WaveLab Elements 7:OP(市場予想価格:9,980円)※それぞれアカデミック版も用意される。前バージョンで設定のあったミッドレンジグレード“STUDIO”は生産終了となる。
 なお、2010年4月28日から「WaveLab 7」発売までに「WaveLab 6」「WaveLab Studio 6」を購入したユーザーを対象にWaveLab 7を特別価格で購入できる「優待バージョンアップ」がダウンロード形式で用意される(領収書またはレシートの提示が必要)。その他のユーザーも含めたバージョンアップに関する詳細はスタインバーグバージョンアップセンターを参照のこと。

⇒ 製品情報
⇒ スタインバーグバージョンアップセンター
 世界初の音響パワーイコライジング技術を採用し話題となった、音響パワーイコライザ「CONEQ(コネック)」。ラトビアで開発されたCONEQを日本で展開するリアルサウンドラボ・ジャパン(株)は、CONEQ WorkshopのVer3を公開。現在、Ver2のユーザーは無償でアップデートすることができる。CONEQ Workshopは、CONEQプラグインを使って測定した音響特性を管理するソフトで、次の点が新しくなっている。1.測定情報とグラフを1つのウインドウへ集約/2.イコライジング範囲を周波数(Hz)での設定が可能に(従来はdB入力のみ)/3.パラメトリックイコライザ(PEQ)をWorkshop内に統合/4.グラフィックイコライザ機能を追加(従来はPEQのみ)/5.Workshopから直接APEQ-2proへデータ転送が可能に/6.グラフのグリッド変更が可能に。

⇒ ダウンロードページ
⇒ リアルサウンドラボ・ジャパン(株)
 基本的に柔らかく優しい声質のVOCALOIDをシャウトさせるVSTプラグイン「VocaScreamer」がaika氏のブログで公開された。フランジャー、トレモロ、ディストーションをコントロールするパラメータで手軽にシャウト効果を得ることができる。WindowsのVST2.4対応。下記サイトで配信中。

⇒ aikeの日記
 (株)AHSは、編集・ノイズカット機能を備えた総合アナログ録音ソフトの最新版「Audio Cleaning Lab 2」を、9月3日に発売する。Audio Cleaning Lab 2(オーディオクリーニングラボツー)は、レコードプレーヤーやカセットテープなどのアナログオーディオ機器やMD、マイクなどから簡単に録音することができるアナログ録音&ノイズ除去ソフト。
 また、編集機能やノイズクリーニング機能、また各種エフェクトやマスタリング機能を使用して音をきれいにし、音楽CDをはじめ、オーディオファイルやDVD-Audioなどを作成することも可能。
 操作も分かりやすく「音声の入力」「クリーニング」「マスタリング」「音声の保存」の基本となる4つのボタンを選択するだけで、目的に合わせて作業を進めることが簡単に行なうことができる。高度なクリーニングを自動的に最適化する機能も搭載している。
 アナログ録音を行うためのオーディオケーブルが2本付属(RCA~ミニプラグ、ミニプラグ~ミニプラグ)。Windows 7、Vista、XP(SP3以上)対応。インターネット環境必須。価格9,800円。

⇒ 製品情報
 ぬえソフトは、Cakewalk製DAWに対応するMIDI FXプラグイン集「ぬえ・MIDI FX Pack1」をリリースした。
 ぬえ・MIDI FX Pack1は搭載したプラグイン「GuitarStroke」「TremoloRoll」を使用することで各種奏法や効果を手軽に再現することができる。
 GuitarStrokeは、ギターのストローク奏法を再現するためのMIDI FXプラグイン。コードを構成するノートのタイミングやベロシティを変化させることでストローク奏法を再現。TremoloRollは、トレモロ奏法やトリル奏法、ドラムのロール奏法を再現するための MIDI FXプラグイン。ノートを細かく繰り返し発音することでこれらの奏法を再現。いずれも、上級機能ではNRPNを使ってプラグインの動作をリアルタイムに変更することができる。
 WindowsのVista、XP、2000いずれも日本語版で動作確認済み。Cakewalk社のMIDI FXプラグインに対応するDAWソフトが必要。また、次の組み合わせで動作を確認済み→Windows XP+SONAR 6 LE、Windows 2000+SONAR 2日本語体験版、Windows Vista+SONAR 8日本語体験版。
 基本機能は無償で利用できるが、上級機能を使いたい場合はベクターのシェアレジでライセンスを購入しよう。シェアレジ作品番号:SR218160、価格:630円。

⇒ 公式サイト
⇒ 最新版のダウンロード(Vector)
⇒ ライセンス購入ページ(Vectorシェアレジ)

ページ移動新しい記事へ 1,2, ... ,10,11 Page 11 of 11

DTMマガジンYouTubeチャンネル