Date: 09/20
Nutube
 コルグは、ノリタケ伊勢電子と共同開発した新真空管「Nutube」を9月23日発売する。

» Read More

Date: 05/16

 ヤマハは、自然応答技術『HEARTalk』を発表した。

» Read More

Date: 12/22
VOCALOID SDK for Unity
 ヤマハは、ソフトウェア開発キット『VOCALOID SDK for Unity』の提供を開始した。

» Read More

Date: 08/26
VOCALOID for Unity
 ヤマハとユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは『VOCALOID for Unity』を発表した。

» Read More

Date: 03/25
MAX 7
 エムアイセブンジャパンは、Cycling '74のエレクトロニックアート&ミュージックの共通言語『MAX 7』を発売した。

» Read More

Date: 03/23
Alto
 Tsugiは、ゲームローカライズ作業のためのサウンドツール『Alto』を発表した。

» Read More

Date: 01/28
Nutube 6P1
 コルグとノリタケカンパニーリミテドは、新しい真空管『Nutube』を共同開発した。

» Read More

Date: 10/21
VOCALODUCER
 ヤマハは、VOCALOIDの歌声と伴奏からなる楽曲を自動的に生成する技術『VOCALODUCER』を開発した。
 VOCALODUCER(ボカロデューサー)は、50文字以内の歌詞を作って、曲調や歌い方などをあらかじめ用意された選択肢から指定するだけで、ボカロ曲も簡単に生成することが可能。メロディラインの生成には、J-POPの作曲ノウハウをアルゴリズム化したヤマハ独自の技術が使用されている。
 本サービスは、今冬よりコンテンツプロバイダーに向けて、SaaS※で提供される。※SaaS(Software as a Service):ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みや事業形態。また、英語、中国語などへの対応も行なう予定。
Date: 06/18
コロコロコミック×enchant.js「ゲーム工作ブロック」
 コロコロコミックは、HTML5+JavaScriptゲームエンジン「enchant.js」とのコラボによる「ゲーム工作ブロック」を公開中。ゲーム工作(クラフト)ブロックは、“ゲーム開発というホビーを実現する”をテーマに、じーさんやベッカム、ケシカスくん等、コロコロコミックに登場する人気キャラクターを使って、ブロックを組み合わせるようにゲームを作ることができるWebツール。操作のしかた(PDF)やすぐに遊べるプログラム例も用意されており、プログラミングになじみの無い人も入門しやすくなっている。

» Read More

Date: 02/28
 ゲーム向けミドルウェア大手のカナダ「Audiokinetic」が、日本法人「Audiokinetic K.K.」を設立。世界でも有数のゲーム大国日本に拠点を構え、アジアのゲーム市場におけるハブの役目も担うことになる。
 Audiokineticは、WwiseやSoundSeedといったミドルウェア・ソリューションで、コスト効率の高い包括的なオーサリングツールおよびオーディオエンジンを提供している。
 同社のソリューションは、主要なゲームプラットフォーム、ゲームエンジンに対応しており、日本においても、コナミの小島プロダクションやプラチナゲームズなど、同社をパートナーとするデベロッパーは多い。
Audiokinetic
Date: 02/14
CRI ADX2 LE CRI・ミドルウェアは、インディーズゲーム開発者に向けた無償サウンド開発ツール「CRI ADX2 LE」を公開した。
 ADX2 LEは、ゲームエンジン「Unity Pro」にも対応しており、制作したサウンドはiOS、Android、PC向けのゲームアプリに組込むことができる。WAVフォーマットでの保存にも対応しており、ゲーム以外にも活用が可能。主な特長→音質を損なわず容量を1/16に圧縮、ゲームならではのサウンド演出、多彩なDSPエフェクト、直感的に操作できるサウンドオーサリングツール。
 なお、以下のケースではライセンス料が発生することがある。
・前年の年商が1,000万円を超える企業・団体が「ADX2 LE」で開発したコンテンツを配信する場合
・パブリッシャーまたはエージェントを介して「ADX2 LE」で開発したコンテンツを配信する場合
・「ADX2 LE」で開発したコンテンツの累計売上額が1,000万円を超えた場合
ADX2 LE(ダウンロードもこちら)
CRI・ミドルウェア
Date: 01/10
CRI ADX2 LE CRI・ミドルウェアは、ゲーム開発におけるオーディオシステムのデファクトスタンダード「CRI ADX2」の無償版「CRI ADX2 LE」をインディーズゲーム開発者向けに2月から提供する。ADX2 LEは、プロ向けの「ADX2」と同じ機能のオーサリングツールが提供され、繋ぎ目のない繰り返し再生や臨場感を高める複数サウンドの効果的な重ね合わせ、またゲームの状況に合わせて変化するインタラクティブなサウンドなどを実現することができる。WAVフォーマットでの出力の他、ゲームエンジン「Unity 3D」向けのフォーマットでの出力にも対応。
→ CRI・ミドルウェア

» Read More


ページ移動 1,2 古い記事へ Page 1 of 2

DTMマガジンバックナンバー
姉妹サイト『APPREVIEW』