Date: 02/17
Category: 13-コンテスト
5.1chサラウンド・ミキシング&楽曲制作コンテスト
 応募締め切りの2月22日までわずかとなりました。みなさんのご応募をお待ちしております!
⇒ 特設ページ
Date: 01/30
Category: 13-コンテスト
 次世代のアーティストを発掘する「5.1chサラウンド・ミキシング&楽曲制作コンテスト」。今回、新たにコンテストの賞品「Dolby Media Producer SE Suite[参考価格:995ドル]」が追加されました。
 2月22日の締め切りまで、どしどしご応募お待ちしております!
⇒ 5.1chサラウンド・ミキシング&楽曲制作コンテスト
Date: 12/22
Category: 13-コンテスト
 DTMマガジン本誌で絶賛開催中の「5.1chサラウンドミキシング&楽曲制作コンテスト」。
 このたび賞品情報と審査員プロフィールを追加した特設ページを公開しました。審査員のみなさんからコメントが届きましたので、ぜひご覧ください。
⇒ 特設ページ
Date: 12/08
Category: 13-コンテスト
Applayersコンテスト (株)新星堂は、iPhone/iPadを楽器として使用するバンドコンテストを、エイベックス・グループ・ホールディングス(株)とともに実施中。協賛はソフトバンクモバイル(株)。新しい才能の発掘を目指す本コンテストでは、優勝者に、賞金1,000,000円のほか、エイベックスからのデビューの特典が用意される。締め切りは2011年12月31日。応募方法などコンテストの詳細は下記参照。
⇒ Applayersコンテスト
Date: 11/02
Category: 13-コンテスト
太鼓の達人 楽曲募集だドン!
 (株)クレオフーガは、音楽コンテストコミュニティ「クレオフーガ」にて(株)バンダイナムコゲームスの音楽ゲーム「太鼓の達人」を対象とした楽曲コンペ「太鼓の達人 楽曲募集だドン!」を開催する。募集期間は、2011年11月15日~12月18日。本コンペは、優秀な作品をPSP用ゲームソフト「太鼓の達人ぽ~たぶる DX」のダウンロードコンテンツ楽曲として採用するもの。採用者には制作費として1曲あたり5万円が支払われる。募集部門は、オリジナル曲のインストと歌もの、アレンジ曲のインストと歌ものの計4部門。アレンジ部門の対象楽曲は、バンダイナムコゲームスがiTunes Storeで販売している楽曲が対象となる。
⇒ コンテスト特設ページ
Date: 10/20
Category: 13-コンテスト
Sabu Session NHK札幌放送局は、“さぶちゃん”こと北島三郎さんと、ネット上でセッションを行なう「Sabu Session」を開催中。これは、今年の夏に「函館の女」を課題曲にして行なわれ大好評だった第一回に続いてのもので、ユーザーによる演奏やパフォーマンスと、北島三郎さんのボーカルとの新しいセッションが生み出される企画。
 今回は、さぶちゃんが歌う「まつり」のボーカルを公開。投稿された動画にスタッフがさぶちゃんのボーカルを組み合わせ、セッションとして公開。そのセッションを聴いて、さらにいろいろな人が別のパフォーマンスを投稿。ひとつ、またひとつとパートが増えて、さぶちゃんとセッションするバーチャルバンドが生まれていく仕組みだ。
 年末には、集まった投稿動画を紹介し、さぶちゃん本人によってグランプリを決定する番組が放送される予定となっている(動画の投稿は12月上旬まで受付予定)。
⇒ Sabu Session
Date: 09/16
Category: 13-コンテスト
monomani a Sound Contest (株)コルグは、「monotron」「monotribe」を用いた全世界規模のオーディオ/動画コンテスト「monomani a Sound Contest」を開始した。このコンテストは、monotron SFX(サウンドエフェクト)部門(15秒以内)、monotronミュージック部門(2分以内)、monotribeミュージック部門(2分以内)の3部門で、それぞれ作品のクオリティー・演奏力・発想力・パフォーマンス性などを競うもの。日本国内における募集期間は2011年9月16日13時~10月16日24時。賞品内容については後日発表されるが、各部門ごとに最優秀作品/優秀作品を選出、計10作品の投稿者に豪華賞品がプレゼントされる予定となっている。投稿方法等は下記ページを参照のこと。
⇒ コンテスト特設ページ
Date: 06/02
Category: 13-コンテスト
 ローランド(株)は「第5回インターナショナル・Vアコーディオン・コンテスト」を開催、日本予選の参加者の募集を開始した。Vアコーディオンは、イタリアにあるローランドヨーロッパで開発製造されており、2004年に発表した世界初フルデジタルの「Vアコーディオン」は、世界中のアコーディオン音色をはじめ、さまざまな楽器の音色までも一台で表現でき、一人でアンサンブルも楽しめるのが特徴となっている。
 日本予選の第一次審査は8月下旬に実施。9月23日に行われる本審査では、最優秀賞、優秀賞を1名ずつ表彰。最優秀賞受賞者は、日本代表として、10月にイタリア・ローマで開催する「第5回インターナショナル・Vアコーディオン・コンテスト」へ出場することになる(渡航費・滞在費は同社負担)。日本予選概要→申込期間:2011年6月1日~7月20日、参加資格:2011年3月31日時点で満18歳以上の方(アマチュア/プロ問わず)、使用機種:ローランドVアコーディオン(ただし、第一次審査ではアコースティック・アコーディオンの演奏による応募も可能)、表彰:本審査で、最優秀賞・優秀賞各1名を表彰し、Vアコーディオンを贈呈。
⇒ インターナショナル・Vアコーディオン・コンテスト
⇒ 製品情報
Date: 05/25
Category: 13-コンテスト
 日本レコード協会は、2010年1月に施行された改正著作権法の30条1項3号「違法配信からの音楽・映像のダウンロード違法化」の周知をはかり、違法な音楽配信の利用の減少を目的とした「著作権法30条1項3号読上げコンテスト」を実施する。
 本コンテストは、著作権法30条1項3号の該当部分を個性豊かに読み上げ、その模様をビデオや携帯電話で撮影した映像を応募するもの。最も印象に残る応募者10名を審査委員会で第一次選定した後、10名の映像を協会のキャンペーンサイトで公開し、一般からの投票によって最優秀者を決定する。最優秀者の声は携帯電話向けの無料「着ボイス」としてレコチョク公式サイトから配信される。応募締切りは6月24日。
 さらに、連動企画として著名人5名も参加。第一弾として、戦場カメラマンの渡部陽一さんが読む著作権法30条がキャンペーンサイトで公開されている。
⇒ 特設キャンペーンサイト
Date: 05/19
Category: 13-コンテスト
アプリ甲子園 (株)ディーツーコミュニケーションズ(略称D2C)は、全国の中高生世代を対象に、スマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園」の開催を発表し、エントリーの受付も開始した。アプリ甲子園は、次世代を担う若手クリエイターの発掘と健全な育成支援を目的とし、iPhoneまたはAndroidに対応するスマートフォン向けアプリケーションを広く募集。独創性や操作性、デザイン性、おもしろさ、完成度などの観点から優秀な作品を選出し表彰する。さらに、本コンテストにエントリーした応募者には、(株)ファインマン及び(株)テクノードが、テクニカルパートナーとして、公式ウェブサイト上の掲示板やメールなどを通してアプリケーション開発のアドバイスや支援を行なう。 D2Cは、アプリ甲子園を今後毎年開催し、受賞者のアプリケーション開発に対する支援を継続することで、スマートフォンを利用したアプリケーションの一層の普及と発展に努めるとしている。コンテスト概要→応募対象:13~18歳の国内在住者/対象アプリケーション:iPhoneまたはAndroidに対応したスマートフォンアプリケーション(タブレット端末は対象外)/賞品:最優秀賞1名に最新タブレット端末、優秀賞1名に最新スマートフォン、決勝参加者に図書カード5,000円分/スケジュール:6月30日(木)アプリケーション投稿機能のリリース、8月26日(金)エントリー受付締切、9月5日(月)決勝戦進出者10組をウェブ上で発表、9月18日(日)都内会場にて決勝戦。ツイッター公式アカウント→@applikoshien(ハッシュタグ:#applikoshien)。
⇒ アプリ甲子園
⇒ フェイスブックページ
⇒ (株)ファインマン
⇒ (株)テクノード
Date: 05/02
Category: 13-コンテスト
 (株)クレオフーガは、同社が運営する音楽コンテストサイト「クレオフーガ」にて、携帯電話の着信音を題材にした音楽コンテストを開催。現代人にとって最も身近な音楽と言える携帯電話の着信音を「電話着信音部門」「メール着信音部門」それぞれで募集する。期間は2011年5月5日~5月22日。
 なお、本企画に完全連動するAndroidアプリが5月23日にリリースされる。応募された着信音をAndroid端末上で、試聴&ダウンロードができるようになる。また、このアプリでダウンロードされた数を得票数とみなした一般投票企画も開催し、ダウンロード数が多い上位の応募作品については表彰される予定。
⇒ 着信音コンテスト for Android
Date: 03/10
Category: 13-コンテスト
 ヤマハ(株)は“音や音楽が聴こえてきそうな写真とコメント”を募集する写真コンテスト「ヤマハおとフォトコンテスト」を、富士フイルム写真総合サイト「Fotonoma(フォトノマ)」とのタイアップにて開催する。応募部門は「おとフォト」部門・「家族で音楽」部門の2部門で、応募期間は3月10日~5月11日、審査結果の発表は6月9日の予定。同社はこのコンテストを通じて音楽の楽しさとともに、音楽を楽しんでいる家族の写真を世の中に紹介。様々な場面での「ファミリーアンサンブル」を通じて、より家族のコミュニケーションが活性化し、音楽を楽しむ人々が増えていくことを目指すとしている。
 なお入賞者へは、富士フイルム、(株)JTB法人東京、ヤマハ発動機(株)、ヤマハ(株)から賞品が贈られるほか、入賞作品は、ヤマハファミリーアンサンブルサイトおよび「Fotonoma」のサイト内で紹介される。応募要項など詳細は下記サイトにて。
⇒ ヤマハおとフォトコンテスト
⇒ ファミリーアンサンブル

ページ移動新しい記事へ 1,2, ... ,4,5,6 古い記事へ Page 5 of 6

DTMマガジンYouTubeチャンネル