Date: 01/11
Category: 12-その他
 オーディオ技術開発メーカーiZotopeの国内代理店業務が、アビッド・テクノロジー(株)エム・オーディオ部門からタックシステム(株)へ移管された。タックシステム(株)で販売サポートを開始する製品は次の通り→マスタリングスイート「Ozone 4」:OP(市場予想売価29,400円)/オーディオリペアーソフト「RX2」:OP(市場予想売価32,800円)/ディストーションモジュラー「Trash」:OP(市場予想売価24,150円)/スペクトラルモジュラー「Spectron」:OP(市場予想売価15,750円)/コンプリートボーカルプロセッシング「Nectar」:OP(市場予想売価31,500円)/ミキシングスイート「Alloy」:OP(市場予想売価29,400円)/ナショナルタイム&ピッチコントロール「Radius」:OP(市場予想売価39,900円)

⇒ 製品情報
⇒ タックシステム(株)
⇒ アビッド・テクノロジー(株)
Date: 01/07
Category: 12-その他
 バーチャルスタジオ「Reason」や、レコーディングソフト「Record」等でおなじみのPropellerheadの国内代理店業務が、(株)エムアイセブンジャパンから(株)コルグへ移管される。(株)コルグは、1月11日よりサポート等を含めた業務を開始する予定。

⇒ (株)コルグ
⇒ (株)エムアイセブンジャパン
Date: 12/17
Category: 12-その他
 アップルジャパン(株)は「Mac App Store」を2011年1月6日よりスタートすると発表した。Mac App Storeは、iPhoneやiPadでおなじみのApp Storeと同じ仕組みを採用したMac OS用アプリケーションポータル。Mac用アプリケーションの検索、インストール、アップデートを一元管理でき、有償・無償のアプリケーションをカテゴリから選べるようになる予定。ユーザー(Mac OS X Snow Leopard)には、ソフトウェアアップデートを通じた無償ダウンロードで提供される。

⇒ ニュースリリース
Date: 12/09
Category: 12-その他
 プラスアド(株)は、iPadを用いた電子楽譜プラットフォーム「piaScore」を発表。第一弾として、iPad用電子楽譜ビューア「piaScore HD」、ならびにiPhone用リモートコントローラーアプリ「piaScoreAir」をリリースした。価格はいずれも無料。
 piaScoreは“世界中の楽譜をいつでも手元に”をコンセプトとした電子楽譜プラットフォーム。快適な楽譜の閲覧や演奏方法の共有、日々の練習の管理などができるよう開発されている。
 piaScore HDは、電子楽譜を閲覧したり、練習やレッスンの際に必要な書き込みが可能なiPad専用のアプリケーション。書き込みをtwitterに投稿することができ、気になる演奏方法や練習方法など楽譜を通じた新しいコミュニケーションが可能になる。また、電子楽譜をまるで紙のように表示する“リアリスティック表示モード”を備え、デジタルならではの見た目の違和感を軽減している。iPhoneアプリ「piaScoreAir」と連携することで、piaScore上の楽譜を遠隔から譜めくりすることができる。

⇒ piaScore
Date: 11/30
Category: 12-その他
 クリプトン・フューチャー・メディア(株)は、VOCALOID音楽のクリエイターがカラオケなどの楽曲利用から生じる著作権使用料収入を正当に受けられるための音楽出版事業を開始した。
 音楽業界では、クリエイターがJASRACなどの著作権管理事業者に著作権の管理を委託していなければ、楽曲の利用の対価である著作権使用料の支払いを受けられない場合があるほか、委託した場合も自身の楽曲の使用を妨げられるケースも多い。
 同社は、従来の他社音楽出版事業では一般的でなかった、手続きの負担なしに楽曲を利用できる幅広い余地を残したまま、商用利用による著作権使用料収入を得られる方法により、インターネットメディアで活躍する音楽クリエイターの創作活動を支援したいとしている。
 音楽著作権管理を希望する人、また興味・関心のある人は、電子メール(piapro@crypton.co.jp)で問い合わせしてみよう。

⇒ クリプトン・フューチャー・メディア(株)
Date: 11/15
Category: 12-その他
 シンセサイザー「VIRUS」シリーズでおなじみのACCESSの国内代理店業務が、(株)フックアップから(株)コルグへ移管される。(株)フックアップは代理店業務を10月31日を持って終了、(株)コルグは12月1日より代理店業務やサポートを行なう。なお11月中の問い合わせ先については(株)コルグが対応する。

⇒ 製品情報
⇒ (株)コルグ
⇒ (株)フックアップ
Date: 11/09
Category: 12-その他
 ネット通販大手のAmazonは、MP3ダウンロードストアをオープンし音楽配信事業を開始した。MP3ダウンロードストアで販売される楽曲はDRMフリー、試聴可、ビットレートは256kbpsとなっている。楽曲は、Amazonの他の商品と同様にショッピングカート、または1-Clickで注文できる。Amazon MP3ダウンローダーを使うことで、iTunesやWindows Media Playerといったメディアプレイヤーに、簡単にダウンロードすることができる。
 現在本ストアは日本国内在住者のみが利用できる。

⇒ Amazon MP3
Date: 09/24
Category: 12-その他
 プロクオリティのオーディオ製品でおなじみのPreSonus(プリソーナス)製品の国内代理店が、日本エレクトロ・ハーモニックス(株)から(株)エムアイセブンジャパンに10月1日付けで移管される。
 これに伴い、日本エレクトロ・ハーモニックス(株)が販売した正規輸入製品の、同社によるサポートは9月30日を持って終了、10月1日からのサポートは(株)エムアイセブンジャパンより提供されることとなる(個人輸入、並行輸入等は一切サポート不可)。
 PreSonusは、1995年に米国ルイジアナ州で設立。アナログのデジタルコントロールにおける特許を複数保有し、長年にわたりコストパフォーマンスに優れたオーディオ製品をリリースし続けている。近年はソフトウェア開発にも力を入れており、DAW「Studio One」や、16chライブ&レコーディングデジタルミキサー「StudioLive」に同梱されるライブレコーディングソフト「Capture」などをリリースしている。

⇒ 製品情報
⇒ (株)エムアイセブンジャパン
⇒ 日本エレクトロ・ハーモニックス(株)
Date: 09/16
Category: 12-その他
 日本を代表するチップチューンユニット「YMCK」がiPhoneアプリ「YMCK Player」をリリース。YMCK Playerは、画面上の鍵盤をスライドするだけの簡単操作で、キースケール設定機能によって鍵盤を弾けない人も音を外すことなく演奏を楽しむことができる。iPhoneを傾けるとビブラートエフェクトをかけることが可能。演奏可能曲は、手持ちのiPod Library(iPod TouchではMusic)のほか、With Songバージョンには本アプリ向けに書き下ろされた「Music Flowing」が収録されている。
 また、9月19日(日)には「YMCK Player」発売を記念し、アップルストア銀座店にてワークショップが開催される。本アプリを使ったスペシャルライブも予定されている。入場無料。

YMCK
通常版(230円)

YMCK
曲同梱版(350円)

⇒ YMCK Player
Date: 09/06
Category: 12-その他
 ローランド(株)は、BOSS公式のiPhoneアプリ「Pedal Sketch」をApp Storeにて公開した。Pedal Sketchは、BOSSコンパクトエフェクターの接続順やツマミの位置、さらにiPhoneのマイクやカメラを使ったサウンドや写真、テキストメモをまとめて保存することができ、ライブなどの際のセッティング再現に最適。発売中の全BOSSコンパクトエフェクターを網羅しており、インターネット経由で全機種のサウンド試聴などもできる。価格は無料。

⇒ 製品情報
⇒ Pedal Sketch(App Store)
Date: 08/20
Category: 12-その他
 Hidenori Matsuokaは、iPhone/iPod Touch用アプリ「Guitar Kit」をApp Storeにて公開した。Guitar Kitはギターのコードフォームを検索するツール。あらゆるフィンガリングフォームを探し、表示することができる。また、自分のオリジナルフィンガリングフォームを追加することも可能。価格350円。
Guitar
⇒ Guitar Kitサポートページ
Date: 08/05
Category: 12-その他
 ヤマハ(株)は、同社100%出資販売子会社の(株)ヤマハミュージック東京(以下YM東京)の渋谷店を2010年12月26日に閉店することを発表した。
 YM東京渋谷店は、1966年にヤマハ(株)…当時の日本楽器製造(株)の直営店として渋谷・道玄坂に開業。以来、44年間首都圏におけるLM(ライトミュージック)楽器販売の旗艦店として、多くの音楽愛好家やポピュラーミュージック系アーティストに親しまれてきた。
 閉店の理由は、近年、渋谷地区で多くの同社契約楽器店がヤマハ商品を販売しており、YM東京渋谷店が担ってきた“LM楽器の普及”“同地区での市場構築”といった役割を果たし終えたとの判断に至ったため、としている。店舗併設の「ミュージックアベニュー渋谷道玄坂」は「ミュージックアベニュー渋谷公園通り」として移転・増床し2010年12月より開業予定。
 今後は、教室事業、外販営業、アフターサービスの機能はYM東京銀座店に移管される。なお、同じビル内で運営されていたヤマハARTは、海外のヤマハのアーティストリレーション拠点と連携を図りながら、今後も同ビル内にてLM楽器のR&D活動を展開していくとのこと。

⇒ ヤマハミュージック東京 渋谷店
⇒ ヤマハミュージック東京 銀座店

ページ移動新しい記事へ 1,2, ... ,17,18,19 古い記事へ Page 18 of 19

DTMマガジンYouTubeチャンネル