Date: 11/07
月刊誌「Stereo」1月号「LXA-OT1」
 (株)音楽之友社が発行する月刊誌「Stereo」1月号(12月19日発売)に、ラックスマン(株)と共同企画したコンパクトなオリジナル・デジタルアンプ「LXA-OT1」が付属する。LXA-OT1は、コンパクトでありながら5W/chの出力を備え、誌面ではさまざまなグレードアップ方法も紹介。オーディオコンポ、携帯音楽プレーヤー、PCなど、さまざまな音楽シーンで迫力ある音を気軽に楽しむことができる。主な仕様→音量ボリューム(ノブ付)、RCAライン入力端子、プッシュ式スピーカー出力端子、DC電源端子、電源LEDを搭載。基板サイズ:94×92×40mm。ACアダプター:出力12V/1A(本アンプ専用)。特別定価2,800円。
⇒ Stereo
Date: 10/11
 (株)フックアップは、DJ-Tech「iCube 55」を10月28日に発売する。iCube 55は、iPod Dock搭載ポータブルサウンドPAシステムの「iCube 50」の後継モデルで、コンパクトながら充分な音量を出力。AC電源と内蔵充電池での駆動に対応しており、モバイルスピーカーとしてあらゆる用途に対応が可能。メーカー希望小売価格31,500円。
⇒ iCubeシリーズ製品情報
Date: 09/28
 ティアック(株)は、テスラドライバー搭載したドイツbeyerdynamicの密閉型ステレオヘッドホン「T 70」「T 70 p」を10月上旬に発売する。T 70(左記リンク)、T 70 pは、「T 1」などのハイエンドヘッドホンで好評の独自技術“テスラテクノロジー”を使ったドライバーを搭載。T 70はインピーダンス250Ω/ストレートプラグ、T 70 pはインピーダンス32Ω/L型プラグとなっている。テスラテクノロジーは、1テスラを超える磁束密度を生み出し、音楽のボトムを支える重低音から透き通るような高音域まで優れた再生能力を提供する。5Hz~40,000Hzのワイドレンジ再生、THD 0.05%以下を実現など優れたオーディオ特性を発揮する。beyerdynamicの特徴であるベロア素材をイヤーパッドだけでなくヘッドバンドにも採用し、優れたフィット感で長時間でも快適に使用することが可能。価格はいずれもオープンプライス。
⇒ 製品情報
Date: 08/02
 (株)フックアップは、iCONのダイナミックマイク2種類とナイロンメッシュ製ポップフィルターを8月5日に発売する。メーカー希望小売価格→D1:5,040円、D2:7,140円、PF-01:3,150円。
⇒ iCON製品情報

» Read More

Date: 07/26
 ボーズは、PC用スピーカー「Companion20 multimedia speaker system」を7月28日に発売する。本スピーカーは、独自技術“TrueSpaceステレオ・デジタル・プロセッシング回路”により、PC画面の両サイドに設置した2つのスピーカーの外側にステレオイメージを創出。この技術により、2つのスピーカーだけでサブウーファーを用いずに部屋中を臨場感あふれるサウンドで包み込むことができる。ヘッドホン端子と外部入力端子を装備したコントロールポッドで音量調整やミュート操作が可能。寸法:90(W)×220(H)×147(D)mm、質量:1.13kg(右/アンプ内蔵)、1.07kg(左/スピーカーケーブル含)※コントロールポッド別。価格:33,600円/ペア。
⇒ 製品情報
Date: 07/15
 (株)ファストは、台湾のオーディオ関連製品メーカーFORMOSA21の超小型ヘッドホンアンプ「AS303」シリーズを発売した。AS303シリーズは38×38×12.4mm、15.5gという超小型サイズに、2系統のヘッドホン出力と充電可能なMini USB端子を搭載。低音の迫力ある音作りに特化し、特に携帯ゲーム機やスマートフォンのオーディオ周りでの使用を想定している。カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンク、グリーン、イエロー。価格OP(店頭想定売価3,000円前後)。
⇒ (株)ファスト
Date: 06/10
 コクヨS&T(株)は“スマートワークスタイル”をコンセプトにこだわりのビジネスアイテムを展開するオリジナルブランド「trystrams(トライストラムス)」から、ロボットデザイナー松井龍哉氏デザインの、コンパクトながら高音質を実現したポータブルアクティブスピーカー「X-ViZ(クロスヴィズ)」を7月10日に発売する。
 ポータブルアクティブスピーカー<X-ViZ>」は、モバイルスピーカーとして携帯性に優れたボディサイズながらも、オーディオテクニカとの共同開発により本格的な高音質を実現している。伸びのある低音を生むバスレフポートの搭載や、最大出力1200mW(600+600mW)のアンプを内蔵するなど、サイズを超えたクリアなサウンドを楽しむことができる。また、プラグの抜き差しにより電源のONとOFFを切り替えることができるプラグイン連動型で、スイッチ部品などを省きシンプルなデザインと使用感を両立。カラーはホワイト、ブラックの2色が用意されている。メーカー希望小売価格:6,300円。
⇒ ニュースリリース
Date: 05/20
 ヒビノ(株)はJBL PROFESSIONAL「LSR2325P」を5月30日に発売する。LSR2325Pは、バイアンプ方式の2-Wayフルレンジのスタジオモニター・スピーカーシステム。エントリーモデルながら上位機種と同じLSR(Linear Spatial Reference)理論を投入しており、正確な音像定位と自然な音質で精度の高いモニタリングと、クラスを超えた高音圧、広い再生帯域を実現する。価格59,850円(ペア)。
⇒ JBL製品情報
Date: 04/14
 (株)DMRは、Digital Group Audioのイヤフォン「Zipbuds Tangle-Resistant Earbuds」の取り扱いを開始。Zipbudは、左右に分かれたコードをジッパーで閉じて1本のコードにできるため、バッグの中等での不要な絡まりを防げるようになっている。音質面ではDigital Group Audioの独自技術により“TotalHarmonic Distortion(全高調波ひずみ)”を最小限に抑え、高低のバランスが取れた音質を実現。コードにはDupontの“スーパー繊維”ケブラーを使用しており、ナイロンやポリエステルの約2倍の強度を誇る。デザインと細部へのこだわりを両立させたイヤフォンとなっている。全5色での展開。価格5,500円。
⇒ 製品情報
⇒ 購入ページ(DMR)
Date: 04/05
 ティアック(株)は、beyerdynamic製プロフェッショナルモニター用ヘッドホン「DT 1350」を発売した。DT 1350は、プロフェッショナルユースに最適なテスラテクノロジーを搭載。テスラテクノロジーは、従来のネオジムマグネットでは成し得なかった高いドライブ能力も持ち、大音量においても低歪み、高解像度かつ音の分離に優れたバランスの良いサウンド、最大129dB SPLを誇る高能率を実現。また、分割可動構造のヘッドバンドは演奏中のモニタリングでも落ちにくく長時間のモニタリングでも快適。イヤーカップは90度回転することができ片耳モニターも可能となっている。価格37,800円。
⇒ 製品情報
Date: 02/15
 ヤマハ(株)は、プロフェッショナルオーディオ機器「DSRシリーズ」を4月1日に発売する。DSRシリーズは、同社が業務用音響機器開発で培ったデジタル、アンプ、スピーカーの技術を結集し開発したパワードスピーカー。高性能DSP、新開発Class-Dパワーアンプと高効率スイッチング電源を採用し、高い分解能とクラス最大級の音圧レベルを軽量・コンパクトサイズで実現。同社のフラッグシップパワーアンプ「TXnシリーズ」の保護技術も惜しみなく投入しており、業務用として要求される高い信頼性と、ミュージシャンやDJにも使いやすい可搬性、堅牢性も確保している。価格→12”2ウェイパワードスピーカー「DSR112」(左記リンク):141,750円、15”2ウェイパワードスピーカー「DSR115」:152,250円デュアル15”2ウェイパワードスピーカー「DSR215」:173,250円18”パワードサブウーファー「DSR118W」:126,000円。
⇒ ヤマハ(株)
Date: 01/19
 ヒビノインターサウンド(株)は、Shureの小型コンデンサーマイク「BETA 98A」を1月21日に発売する。BETA 98Aは、スムーズな高域特性を実現する新開発のマイクロホンカートリッジを搭載。ドラム、パーカッション、ピアノ、管楽器等のサウンドを余すところなく捉えることができる。また、均一なカーディオイドの指向特性により、他の音源からの影響を最小限に抑え、必要な音のみを確実にピックアップ。ハウリングマージンも十分確保し、さらに音圧の高い音源にも対応する広大なダイナミックレンジを備えており近接した設置でも極めてクリアな収音が可能。価格→BETA 98AD/C(ドラムマウントキット付属):42,000円、BETA 98A/C(スタンドアダプター付属):35,700円。

⇒ 製品情報

ページ移動新しい記事へ 1,2,3,4,5 古い記事へ Page 4 of 5

DTMマガジンYouTubeチャンネル